大阪で交通事故に遭ってしまったら直後に弁護士相談を

subpage01

大阪には交通事故を専門に取り扱う弁護士がいます。
交通事故弁護士は、被害者の味方という立場で相手の保険会社との示談交渉を代行してくれます。
示談交渉では、加害者にいくら賠償金を請求するか、そしてその内訳などを細かく決定します。



相手の保険会社は加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場ですから、示談交渉の中で安めの金額を見積もってくることがあります。
そのまま合意してしまうと被害者は損をしますので、弁護士に間に入ってもらいサポートを受けるのが最善策です。

大阪の交通事故弁護士に相談するタイミングは、交通事故に遭ってしまった直後がベストです。
事故直後には警察への届け出をして実況見分が行われます。

この実況見分の内容は、当事者それぞれの過失割合を決定する時に参考にされます。
過失割合というのは、事故の時の不注意や落ち度を示す数字です。

今よりもT-SITEの分かりやすい情報はこちらです。

そして、自分が被った損害額のうち自分の過失割合にあたる分は差し引かれる過失相殺が行われるので、過失割合の決定も受け取れる賠償金に影響します。

大阪で交通事故に遭ってしまったら、示談交渉がこじれたり難航してからではなく、事故直後に法律相談をしておくのが一番です。事故直後に大阪の交通事故専門の法律事務所に相談しておけば、過失割合の決定に関しても被害者にとって役立つアドバイスがもらえるからです。



大阪の交通事故弁護士は、被害者が示談交渉で損をしないよう、最大限の賠償金が受け取れるように尽力してくれます。